記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お口のコンプレックスを持つ人にセラミック治療

お口を大きく開けると、銀歯が目立ってしまったり、保険の差し歯が変色してしまったなど、お口のコンプレックスを持つ人は多いです。保険治療は、かかった治療費のうちの3割の負担だけで治すことができるので普及していますが、治療内容には大きな制限があります。

保険治療の内容は国が決めていて、国内で同じ治療をすればどこの歯科医院でも同じ費用が掛かります。しかし、保険治療で満足できない患者さんも多くいます。

そのような患者さんのために、機能だけでなく審美性も高い治療を提供するのが審美歯科です。

保険にこだわらない治療で、銀歯などは使わず、白いセラミックを使用することで見た目のいい治療を行っています。セラミックは、透明感があり、本物の歯と同じような質感を持っている素材です。

強度も高く、固い物を食べても割れることはありません。セラミックという良い治療があるのに、多くの人が保険治療を選択するというのは、費用の問題があります。セラミックで差し歯を作ると、平均で1つにつき15万円という費用がかかります。

保険外治療は歯科医院が独自に治療費を決定できるので、この金額よりも高い所や安い所があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。